TL REVIEW

안면윤곽 横頬骨縮小術の症例よりもっと大切なことは?

페이지 정보

작성자 최고관리자 댓글 0건 조회 301회 작성일 19-06-13 15:13

본문

顔の輪郭ラインにコンプレックがある人はヘアとメイクの変化に欠点をカーバする。

でもそのだけである。デコボコな顔輪郭ラインは問題としてりには限りがある。



フェースラインはただ、外見だけではなくイメージにも影響を与える。

自分がどのような印象えるのかどのようなイメージに残るのかが大事な悩みの種である。

それで、多くの人々頬骨縮小術の症例を調べてみて病院を訪ねる。



横頬骨縮小術の症例を探してみるのみでは正確な情報を得られない。

その理由としては顔は人によって全く違い、合う手術方法も違うからである。

インタネットから得た情報はその人に設定されている情報だけなので、自分には別の結果を呼び起こすかも知れない。

特に横頬骨縮小術は前頬骨が出てなく、横頬骨が突出されている場合に適合の手術法なので、個々人の状態によって適合可否が違う。


自分適当方法すためには直接病院訪問してカウンセリングをして

頬骨状態、全体的なバランスなどを確実把握して3D-CT立体精密分析によって手術方法及び手術計画を立てるべきだ。

TL整形外科のチェ・セウン代表院長は“頬骨縮小術は無理やりに削る手術よりは、自分に一番適当な自然なラインを完成させられるべきだ。

顔面輪郭手術は難度が高くて危険が伴うのが事実だから病院に安全ケアシステム、応急医療システムなどが体系的に整ってるのかを確認して、

アフターケアまで行ってくれる病院で手術を受けるのが大事なことである。”と助言を与えた。




a247a8548437f1aa969e147b315d7414_1560406413_5463.JPG




 

 

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

LINE ID : jptlps
CLOSE